四條畷学園対策クラスの特徴

四條畷学園中学校は、JR学研都市線四条畷駅前にある私立中学校です。

現在、コースは中高六年一貫コース、英数コースと、特進にあたる英数発展コースの3つのコースから選択できます。

地元ということもあって、ローランでは毎年四條畷学園中学を目指す生徒さんが多く在籍しており、受験対策も他の私立中学受験と若干異なるため、専門クラスを設置しています。受験科目は算数・国語の2科目ですので合格へのモデルプランは以下のようなものなります。

合格へのモデルプラン(習い事などの都合も考慮し、曜日や時間は変更できます)

5:00~6:20 6:20~6:30 6:30~7:50
講義授業
算数
休憩 演習
算数トレーニング
講義授業
国語
休憩 演習
国語トレーニング
演習
算数トレーニング
休憩 演習
国語トレーニング

上記の例では、80分の講義授業が国語・算数共に週1回あり、それぞれの授業後に講義の内容に付随した演習を行います。加えて、週末に国語・算数共に演習のみを行う曜日を1日作り、徹底的に演習をこなして、知識の定着を図ります。

この合格プラン(スケジュール)に沿って、授業を行ないますが、演習中心ローラン独自のサイクル学習を取り入れ、それぞれ以下の図に示したような流れで受験対策を行い、合格を目指します。

四條畷学園中学対策の流れ

過去20年分の入試問題を徹底的に分析!

このクラスでは、英数発展コース・六年一貫コース・英数コース、各々に合わせたきめ細やかな指導を行ないます。

学園入試を突破するためにはまず、10月と11月に実施されるプレテストに向け、学習計画を立てることが重要です。ローランでは授業の中で「暗記テスト」や「計算テスト」を毎回行い(通常授業では毎週)、計算力や語彙力を養います。

また専用教材「学園対策ドリル」を用いて、効率よく学習を進めていきます。入試問題にはプレテストの類題が多く出題されるため、このプレテストで何点取れるかが入試合格へのカギです。

近年の四條畷学園中学入試問題傾向